新品本物 オガサカスキー OGASAKA SKI クロスカントリースキー お待たせ クラシカル 2018-2019モデル C2-ST

オガサカスキー OGASAKA SKI クロスカントリースキー クラシカル C2-ST 2018-2019モデル

オガサカスキー OGASAKA SKI クロスカントリースキー お待たせ! クラシカル 2018-2019モデル C2-ST オガサカスキー OGASAKA SKI クロスカントリースキー お待たせ! クラシカル 2018-2019モデル C2-ST オガサカスキー,OGASAKA,C2-ST,2018-2019モデル,SKI,/Argentina229081.html,クラシカル,www.adigi.fi,クロスカントリースキー,15444円,スポーツ , スキー , スキー板 15444円 オガサカスキー OGASAKA SKI クロスカントリースキー クラシカル C2-ST 2018-2019モデル スポーツ スキー スキー板 15444円 オガサカスキー OGASAKA SKI クロスカントリースキー クラシカル C2-ST 2018-2019モデル スポーツ スキー スキー板 オガサカスキー,OGASAKA,C2-ST,2018-2019モデル,SKI,/Argentina229081.html,クラシカル,www.adigi.fi,クロスカントリースキー,15444円,スポーツ , スキー , スキー板

15444円

オガサカスキー OGASAKA SKI クロスカントリースキー クラシカル C2-ST 2018-2019モデル

C2モデルにカーボンシートの採用となり、前モデルよりも直進性、安定性、滑走性の向上はもちろんの事、コア材のNFウッドLTとの組み合わせにより、
軽量かつ比較的に柔らかく、幅広い雪質に対応するノルディックキャンバーに仕上がっております。
前モデルよりもセンター部をテール側後方に下げた事によりトップ部へのプレッシャーが軽減されスピードが増しました。
ベースはC1-STと同様の『OG7210』です。
■サイドカット:44-44-44mm
■重量:866g/180cm
■日本製

オガサカスキー OGASAKA SKI クロスカントリースキー クラシカル C2-ST 2018-2019モデル

バランス型のアンプを中心に自作しています。

Full balance amplifier
gootのデジタル温調ハンダこてPX-280を注文してやっと商品が届きました。


人気商品であるようで、何処の店も在庫切れになっています。
在庫切れで、注文してから約1.5ヶ月ほどかかりました。



このハンダこては、
「ステーションの機能がハンダこてに搭載!デジタル表示の賢いハンダこて」
ステーション型のハンダこては値段が高いのですが、このPX-280は手頃な値段でしたので購入してみました。

以下が特徴です。

■ 特長 ■
【キーロック機能】
暗証番号方式によるキーロックで工具・カードが必要ありません。

【スリープ機能】
振動センサーによるスリープ、シャットダウンの設定が可能です。一定時間使用しない時は、自動的にこて先の温度を下げ、こて先の空焼きを防止するスリープ機能を内蔵。こまめにスリープさせることで、こて先寿命が大幅にアップします。使用しない時の時間と温度の設定も可能です。シャットダウン機能との併用もできます。

【らくらくスリープ解除】
スリープ中、動きを感知するとスリープを解除します。スリープ中のグリップに振動を与えるだけで、スリープの解除が容易に行えます。

【シャットダウン機能】
あらかじめ設定した時間内に作業を行わなかった時、自動的に電源をOFFします。


なかなか良い感じの機能が有って楽しみです。


チップ部品のハンダ付けで、何時も使っているハンダこてCXR-31と並べてみました。

こて先の部分が短い感じがします。
こて先の部分が短いと狭いところの部品間のハンダ付けが難しくなります。
このこて先は、長いタイプに交換したいですね。
あと、こてのグリップ部分が少し太いくて、持った感じ汗で滑り易いです。
CXR-31は、グリップ部分に黒いウレタンのグリップカバーが付いているので滑らず握り易いです。
このへんは少し残念です。

火を入れるとこんな感じになります。

温度がデジタル表示で見易いです。

今使っているハンダこてを並べてみました。




ハンダこては、部品に合わせて使い分けていまが、ここまで揃える必要も無いと思います。w

PX-280の使い心地は、また書きます。
新たにリファレンス用のプリアンプを作成中です。

このプリアンプは、だいぶ前から構想していたのですが、方針が決まらなくて時間だけが経ってしまった感じです。

なので、次の様に決めました。
1. なるべくシンプルにする。
2. アンプ基板と電源基板が交換出来るようにする。
3. 音量ボリュームは手持ちの物を使う。
4. ケースも在庫の物を使う。

マイコンを使ってのコントロールも考えましたが、ノイズの問題もあるので、電子ボリュームを含めて使わない事にしました。
アンプのケースは、約10年前に購入して、忘れていたケースが出てきたのでこれを使います。
ただ、ケースの高さが49mmで、少し使い難いです。
写真を見て頂くと分かると思いますが、背の高い電解コンが入らないので、背の低い電解コン470uF/50Vをパラで使っています。
音量ボリュームは、AliExpressで昨年の夏に割引が有ったので購入しました。
初めて使うボリュームなので、楽しみです。
10kΩの4連です。

ケースの裏側のコネクター関連の加工は既に終わっています。

アンプの電源電圧ですが、今まで±15Vでしたが、今回は±25Vで進めています。
供給電圧は、高い方がアンプの性能を出せるので、25Vにしましたが、放熱の問題が有ります。
特に今回は、ケースの高さが低いので、放熱が上手く行くか心配です。
あと、小型の25Vのトランスがあまり無い事です。
RSで購入したのでが、たまたま在庫が2個あってそれを購入しました。
次の入荷は、来年のようです。
半導体や電子部品が逼迫状態ですので、しょうが無いですね。
早いとこ正常状態に戻って欲しいです。

MJ誌の5月号の特集が、「プリアンプとその活きた使い方」でした。



特集では、アキュフェーズのC-3900、ラックスマンのCL-1000、ソウルノートのP-3、オーロラサウンドのPREDA-Ⅲ、オーディオデザインのDCP-240のレビューが有りましたが、
プリアンプもなかなか奥が深いですね。

自分のプリアンプの方は、入力切替を如何するか思案中で、今のところはリレーで切り換える方向で進めています。
これが一番コストが掛からなくケーブルの引き回しも少なく済みます。


ゴールデンウイーク中にこのような物を作ってみました。


穴に突っ張り棒を通して使います。

あまりにも玄関の靴が散乱しているので、靴を二段に納めるための棚です。


靴が散乱しています。w

下駄箱の中は、既に靴が一杯でして・・・大半が娘の靴です。

使用材料は、近くの100均で購入した木材を使い、木材のカットは友達にお願いしてカットして貰いました。
100均で売っている木材は、大きな物が無く、この様な感じで繋げています。↓↓

少し強度的に問題も有りますが、大丈夫でしょう。
穴は、木工用のドリルが無かったので、前回紹介させて頂いた金属用の「ホールソー」を使って穴を開けました。少しバリが出てしまいましたが、木にも穴が開けられる事が分かりました。w

設置する左右で高さが違うのでこの様な感じになります。



綺麗に整理出来ました。



費用は、全部で1,000円は掛かっています。

PS. 補給材の角材に、色を塗りたかったです。



↑このページのトップヘ